ビタミンC誘導体の効果とは|ビタミンC誘導体の効果を実感【お肌をより良くしたい方必見】

メラニン色素を抑制するにはビタミンC誘導体が効果あり

ビタミンC誘導体ってなに?

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを改善し浸透しやすくバランス力を高めた美容成分です。ごく一般的なビタミンCは、様々な化粧水や美容液に配合されてきましたが、壊れやすいので肌への浸透もあまり良くありませんでした。そこで、ビタミンCを改善しバランス力を高めたのが、ビタミンC誘導体なのです。

ビタミンC誘導体の効能

シミ・そばかす

シミ・そばかすは、紫外線からできますので、日焼け止めをしっかりつけても、汗で落ちたりしてしまい、予防するのが大変ですよね。そんなシミ・そばかすの原因、メラニン色素を予防してくれるのが、ビタミンC誘導体となっています。

ニキビ

ニキビがあるとメイクのノリも悪くなりますよね。そうすると、メイクすることにうんざりしてしまいがちです。ビタミンC誘導体には、ニキビの原因である皮脂が出るのを抑える効果があります。ビタミンC誘導体をうまく使いメイクを楽しみましょう。

肌のくすみやくま

シミ・そばかすの原因のメラニンを予防してくれるビタミンC誘導体ですが、同じメラニン色素からできる肌のくすみやくまを抑えることもできます。

お肌のハリ

ビタミンC誘導体は、お肌のたるみを無くし、ハリのあるお肌にすることができます。ビタミンC誘導体は、お肌の弾力を出すコラーゲンとの相性が良いです。

アンチエイジング

アンチエイジングとは、お肌の老化を少しでも遅らせることです。ビタミンC誘導体には、お肌の老化の原因の活性酸素を取り除く効果があり、若々しさを保つことができます。

ビタミンC誘導体の効果とは

化粧水を使う人

ビタミンC誘導体の油溶性・両性

化粧品を選ぶ場合、油溶性・両性どちらかのビタミンC誘導体がお肌に合うか確認してから、購入することをおすすめします。一番お肌に浸透しやすいのは両性で、ハリや美白作用があります。ビタミンCは、刺激の強い成分ですから、敏感肌の方は低刺激の油溶性を使うと良いでしょう。

配合量に気をつけよう

ビタミンC誘導体は、あまり多いと逆に肌が悪くなる場合もあるので、化粧品の購入の際には配合量に気を付けておきましょう。ビタミンCは、先ほども説明したように、刺激が強い成分です。かといって、量が少なすぎるのも実感しにくいと思いますので、適切な量の確認が必要です。そのため、ビタミンC誘導体入りの化粧品を探す際には、化粧品店のスタッフにアドバイスをもらってもいいでしょう。

主な成分

ビタミンC誘導体化粧品にも、数多くの美肌効果のある成分が含まれています。中でも、アルブチンやイソブラボンは、美白効果やシミ・そばかすを抑える成分です。そして、カミツレエキスは皮脂を抑える成分でニキビ予防に良いとされています。フラーレンやレチノールに関しては、たるみやしわの悪化をストップさせてくれる成分となっています。このように配合されている成分により肌へ与える効果が違ってくるので、同じような化粧品でも必ず成分まで確認するようにしましょう。

広告募集中